WB工法の話

通気性が良いと聞くと冬は寒いのでは?と思ってしまうかもしれませんが、

気温に反応する形状記憶合金で気温に応じて通気口が開閉するので

通気口から冷気を遮断し、冬の冷え込みを抑えます。

壁の中に空気の層ができて、家の中の気密性を断熱性がアップします。

気温が低下すると各通気口は自動的に閉じて、冷たい空気の侵入を防ぎます。

壁の中の空気を動きにくくすることで、室内暖房の熱が逃げにくくなり断熱性がアップします。

熱の通気性とは一変、家は気密性が高い状態になります。

夏、涼しく 冬、暖かい

湿気を通し ニオイを逃がす

1Day リフォーム、週末リフォーム

価格保証リフォーム

工務店が建てる注文住宅のモデルハウス

川地工務店の注文住宅とリフォームに関する約束

社長のfacebook

社長著書のfacebook

専務のfacebook

mintoのfacebook

LINE

▲PAGEUP