WB工法の話

最初はどんなに素敵な家だって

住んでから後悔することになるようでは

考えものですよね。

では、どんな家を選べばいいのでしょう?

住宅の選び方 覚えておきたい!家を選ぶ基準

1)住む人の健康

健やかに暮らせるかどうか

2)家の健康

長持ちするかどうか

3)地球の健康

省エネで環境にやさしいかどうか

長く付き合っていく家だからこそ

この基準は絶対に外せません。

日本の家づくりには、昔から土壁が使われていました。

実はこの土壁、吸湿性に優れていて湿気の多い日本風土に適していたのです。

WBの家は土壁の原理を応用して、クリーンな室内環境を実現。

臭いも化学物質も湿気と一緒に壁を透過します。

換気システムに頼らなくても快適に過ごすことができます。

WB工法の家は、通気口が特別な構造になっています。
通気口にある小さな形状記憶合金のバネが
気温で反応することにより、家の中が快適な温度に保たれます。

2.気温に反応する形状記憶合金

暑くなったら服を脱ぎ、寒くなったら服を着こむ。
人はそうやって季節に応じた服装をしています。 
家も同じように、季節に合わせて衣替えすることができるのです。
WB HOUSEは、各通気口に、気温の変化で伸縮する形状記憶合金を利用しています。
気温に応じて通気口が自動的に開閉する発想により、家も人と同じように衣替えができるのです。

今回は通気断熱WB工法の「通気」について

密閉された家では、空気が流れずこもりがち

では、どこを空気が流れるといいのでしょうか?

実は通気性が必要なのは壁の中

壁の中を空気が流れるから、無駄な湿気も夏の熱気も

家にこもりません。

湿気で木材が劣化しないから、家はいつまでも大丈夫。

通気口から入った空気は、床下のひんやりした空気と混ざって

壁の中を上昇します。この自然な空気の流れが焼け込の熱を緩和し、

無駄な湿気を一掃する仕組みです。壁の中を空気が流れることで、

室内は熱気の影響を受けにくい快適な空間になります。

夏はエアコンをそれほど使わなくても過ごしやすい家になります。

 断熱性能が同じ2棟の建物を使用して、エアコンの省エネ効果を実験したデータがあります。

写真の左側が室内壁の仕上げ材に透湿性クロスを使用したWB工法。

右側が室内壁の仕上材にビニールクロス使用した一般住宅。

両方の室内で大人一人が生活していると仮定し、エその際にアコンを使用した場合の効率を実験しました。

仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の気候条件を元にシュミレーションを行った結果、

平均で約15%のエアコン使用の削減効果が得られております。

夏の過ごしやすさを得るためには、ビニールではなく透湿性のある壁材が有効だということがわかります。

WB工法は、長い目で見ると色々な面で優しい工法ですね!



通気断熱WB工法って???

通気=夏の過ごしやすさ

断熱=冬の暖かさ

W=ダブル(空気と湿気)

B=呼吸(ブレス)

mintoにわかりやすい模型を設置しています。

有害物質や湿度などを逃がしたり

冬の暖房熱を逃げにくくしたり

夏の屋根からの焼きこみ熱を逃がしたりする

コントロールの仕組みが

よくわかりますのでお気軽にお尋ねくださいね。

冬の寒い時期になると

すきま風が寒い、暖房がききにくいなど

困ることがあります。

高気密にするとそれらが解消されると

一般的に言われていますが果たしてそうなんでしょうか?

気密性が高いと家の中の空気中の

湿度が上がり結露の原因になります。

化学物質の臭いなども家の中に滞留してしまう。

いろんな問題も発生してきます。

本当に必要なのは「湿気を透す壁」をつくること

<壁の断面のイメージ>

WB工法は外壁と壁に空気層を作る事で

クリーンな室内環境を実現。

ニオイも化学物質も湿気と一緒に壁を透過するので心配はありません

もちろん換気システムに頼らなくても快適に過ごすことができます。

冬の寒い時期、とにかく暖かく過ごせるといいですよね。

WB工法は、形状記憶合金で通気口からの冷気を遮断するから

冬の冷え込みを抑えられます。

壁の中には空気の層ができて

家の中の気密性と断熱性がアップします。


気温が低下すると各通気口は自動的に閉じて

冷たい空気の侵入を防ぎます。

壁の中の空気を動きにくくすることで

室内暖房の熱が逃げにくくなります。

夏の通気性とは一変、家は気密性が高い状態になります。

長く付き合っていく家だからこそ

家を選ぶ基準を大切にしていただきたい。

そんな想いから

次の3つの基準を大切に考えております。

「住む人の健康」 健やかに暮らせるかどうか

「家の健康」 長持ちするかどうか

「地球の健康」 省エネで環境にやさしいかどうか

川地工務店は新築に通気断熱WB工法を取り入れています。

通気断熱WB工法とは

「通気」夏の過ごしやすさ

「断熱」冬の暖かさ

「W」ダブル:空気と湿気

「B」ブレス:呼吸

弊社HP内で詳細をご案内させて頂いております

http://www.k-kawachi.com/chumon/wb1.html

詳細の資料など、mintoに設置してますので

お気軽にお立ち寄りください。

夏、涼しく 冬、暖かい

湿気を通し ニオイを逃がす

1Day リフォーム、週末リフォーム

価格保証リフォーム

工務店が建てる注文住宅のモデルハウス

川地工務店の注文住宅とリフォームに関する約束

社長のfacebook

社長著書のfacebook

専務のfacebook

mintoのfacebook

LINE

信和義塾大學校彦根校

▲PAGEUP