理念

お客様に家をご提供してお金を得る。

それを当たり前のこととして仕事に取り組んできました。

お客様の要望を聞き、設計を通してそれを形にし、多くの職人さんと作業をこなし、マイホームを作り上げる。

これまでも、設計者、現場管理者、職人さんともに、精魂込めて家づくりをしてきたつもりです。
お客様が幸せを築いていただくベースとしての家をご提供することに喜びを感じ、誇りに思って家造りのお手伝いを続けてきました。

親子3代、そうして行く事が当たり前で、これまでと同じように、そしてこれからも、同じ時間が続いていくものだと疑うことなく思っていました。

ある日突然…

自分の家を建てて半年。

私の世界は突然、変わってしまいました。

これまで信じてきた、ずっと続くものだと思ってきた時間が、ある日突然、消え去りました。

小さい二人の子どもと、建ててわずか半年の家を残して、妻が永遠に旅立ったのです。

幸せとは、それを享受している間は気づかないものです。

小さくても、つつましくても、目の前に幸せがある間は、その存在にありがたみすら感じないものなのかもしれません。

結婚後、二人の子供に恵まれ、家を建て、家の中には私たちの幸せが満ち溢れていたはず。

家族を守る幸せの「場」であり「空間」である家。

この家の中で、今の幸せが、ずっと永遠に続くものだと、疑うこともなく信じていました。

ただ、その頃の私は、幸せであることが当たり前過ぎて、この幸せを守り続けてくれていた家族に対し、あまり意識を払ったことがありませんでした。

帰る家があり、迎えてくれる家族がいることの有り難さへの感謝すら忘れかけていました。

妻亡き後、残されたのは、二人の子どもと、この子たちを育てるための想像を絶する大変な毎日でした。

当時まだ5歳と2歳だった子供のために、仕事の合間、仕事の前後を使って一人で炊事、洗濯、育児をこなしました。

妻を亡くした後、自分のものがどこにあるのかさえわからない状態にあった中で、一度もやったことのない家事をこなして気づいたのは、妻がどれだけ大変な毎日を送ってきたかということでした。

家事や育児の大変さを、それを一人でこなしていた妻を亡くしてから初めて知りました。

絶対にあってはならないこと

妻が家族のためにしてくれていたことを、我が身を持って経験することで、考えるようになったことがあります。

特に私たち男性にとっては、そうあることがあまりに当たり前過ぎて、つい見過ごしてしまいがちな、家族の幸せについて、真剣に考えるようになりました。

私と子供たちの幸せ、そして、お客様の幸せ。

私たちは、これまでも、長い時間に渡り、真剣に家づくりに取り組んできたつもりです。

でも、もっと深く、もっと強く、家づくりを通して、お客様に幸せになっていただくことを探究するようになりました。

また、そうすることが、川地工務店を預かる私の使命のように強く感じるようになったんです。

日本では、もともと「家」への需要が高いのですが、今、メディアの煽りを受けて、ますます「家」が求められる風潮が強まっています。

特に、長らく続く日本の景気後退の煽りを受けて、価格が安く工期が短い「家」が急速に普及し、今、既に「家」は、クルマや家電製品のようにモノ化されつつあります。

「家」は本来、幸せを作り出す「場」であり「空間」。

そして、家族の幸せに欠かすことができないのが健康。

間違っても「家」が家族の健康を損なうようなことがあってはならないと私たちは考えます。

しかし、今、日本の家は、決して放置できない状況にあるのではないかと懸念しています。

新築や改築直後に、頭痛、目やのどの痛み、吐き気、手足のしびれ、ぜんそく、アトピー性皮膚炎の悪化といった多くの健康被害を引き起こすシックハウス症候群もその一例です。

冷房によって冷やされた空気、暖房で暖められた空気を、高気密の部屋に閉じこめ、省エネルギー化を図ろうと、高気密化・高断熱化を推進した結果、こうした弊害がもたらされるようになりました。

室内の壁や床、天井に使われる建材から出るホルムアルデヒドなどの有害化学物質がこもってしまうことが原因といわれています。そして、結露によるダニやカビの発生問題も、高気密化ゆえの弊害です。

昔の日本の「家」は、空気が対流し、家そのものが呼吸する機能を有していました。
それに対し、現代の高気密住宅は、冷暖房効率を向上させることはできましたが、空気の出入りがなくなった分、結露やカビが生じやすく、上述のように頭痛、吐き気、アトピーやぜんそくを始め、家族の健康が蝕まれています。

その対策として、国は24時間換気の設置を義務付けました。
が、これはあくまで対処療法。
家自身が空気を入れ替える機能がないことに変わりはありません。
また有害な化学物質も発生し続けています。
化学物質を含んだ建材の代わりに、自然素材を多用し、家自身が呼吸することができれば、24時間換気など、本来必要ありません。

今、「家」をご提供することを生業とする私が一番大切にしている想いは、

「家」は、家族の幸せを作り出す「場」であり「空間」であり続けること
「家」自身が家族の健康を損なうようなことが絶対にあってはならない

ことです。

そして、何としてもこの2つを実現したいと考えていました。

空気が対流する、家自身が呼吸する

お客様の幸せを願って、快適で豊かな「家」を提供するはずの私たちが、ご家族の健康を損なうような「家」を作っていたのでは、私たちはウソつきになってしまいます。

なので、私は、この2つを実現するために長い時間をかけてきました。
さまざまな建材を見て検討し、有効そうな工法を研究し、ふさわしい設計、構造を調べて現地に赴きました。
そして長い時間、模索してきた私が、理想と考える家を見つけることができた。

それが通気断熱WB工法です。

通気断熱 WB工法の実験棟を訪問し、最初にびっくりしたのは、ニオイでした。
性能を比較するために、雨の日に家の中で洗濯物を干した部屋が2つ用意されていました。
1つは従来型工法の家。
そして2つ目は、WB 工法の家。

従来型の家の中が、室内干しの嫌なニオイで満たされているのに対し、WB 工法の家ではまったくニオイを感じませんでした。
その違いは衝撃的でした。

通気断熱 WB工法に出会うまでの私たちは、在来工法による家づくりをしていました。
結露したり、カビが生えたり、化学物質を含む素材を使った押入れの中では、目がチカチカすることもありました。

その頃は、多くの住宅メーカーや工務店が、こうした建材を使い、同じような工法で家を建てていたため、それが当たり前で、疑問に思うこともありませんでした。

その頃から、ローコスト住宅、あるいは超ローコスト住宅が脚光を浴びるようになり、それとともに、化学物質が多く含まれた建材が多用されるようになり、新築、増改築を原因とする健康被害が明らかになってきました。

間もなく国の規制により、一部建材の使用が制限され、24時間換気設置が義務付けられました。
ただ、前述のように、これは対処療法であり、建材からは、有害化学物質が出続けています。

こうした従来型工法で建てられた家に対し、通気断熱 WB工法は、壁を二重化し、壁の中を空気が通り抜け、家中の空気を循環させることができます。
ここに、通気性の高いクロスや、自然素材による塗り壁や木材を使うと、通気断熱 WB工法のメリットと相乗効果を生み出し、有害な化学物質を外へ逃がす上に、常に家の中を空気が流れるため、結露が生じにくく、カビも生えない、家自体がのびのびと呼吸するようになるのです。

因みに、通気断熱 WB工法は、24時間換気による強制換気の必要が無いことが国土交通省大臣によって唯一、認可された工法でもあります。

たどりついた唯一の選択肢

現在、川地工務店では、すべての住宅を通気断熱 WB工法を用いて建てています。
またお客様と相談の上、可能な限り自然素材の建材の使用をお奨めしています。

何度も言いますが、幸せを作り出す「場」であり「空間」であるはずの家が、家族の健康を損なうようなことがあっては、大切な家を建てる意味がありません。

ですから、私たち川地工務店は、通気断熱 WB工法以外の家は建てません。

新築間もない頃に大切な家族を失い、本当の幸せと、本当に幸せな家を模索し続けてきた私がたどり着いた通気断熱WB工法は、私にとって唯一の選択肢であり、この選択は必然だったのです。

家を建てた後から始まる幸せづくり

私たちは今、『幸せな家づくり』をもう一歩進めたいと考えています。

私たちは、私たちが提案している幸せづくりの「場」「空間」として、モデルハウスminto を運営しています。

minto では、日々、楽しいセミナーや教室が開かれ、地域の方々にご利用いただいていますが、今後は、minto のイベントに、幸せになるための「衣」と「食」を加えてまいります。

家族の幸せづくりの基本は、「家」。
そこに、「衣」と「食」が加わって、家族の幸せづくりは完成します。
まずは、今、私たちが知らないところに潜んでいる「食の危険」と「幸せの食」についてお伝えしてまいりたいと思っています。

川地工務店がご提案する、『衣・食・住』、ぜひ、みなさんで楽しんでいただければうれしいです。

私たちの仕事は、「家」をご提供することです。
ですが、私たちの仕事は、「家を建てた後」も続きます。
私たちは、「住まい」を通して、お客様の幸せづくりに参加したいと思っています。

平成23年1月吉日
株式会社川地工務店 川地将人
  • 私たちについて

季節に合わせて熱と湿気を制御 夏涼しく、冬暖かい家

湿気を通しニオイを追い出す 結露せず悪い空気がこもらない家

1Day リフォーム、週末リフォーム

価格保証リフォーム

工務店が建てる注文住宅のモデルハウス

川地工務店の注文住宅とリフォームに関する約束

社長のfacebook

社長著書のfacebook

専務のfacebook

mintoのfacebook

LINE

▲PAGEUP