シックハウス(アトピー、ぜんそくなど)から家族を守る家

川地工務店が考える『家の絶対条件』

シックハウス(アトピー、ぜんそくなど)から家族を守る家

私たちが考える『家』の条件です。

それはそのまま、お客様へのコミットメント(お約束)でもあります。

そして、川地工務店が建てるすべての新築住宅は、

この条件をすべて満たすことができる

通気断熱WB工法

によって建てられています。

通気断熱WB工法のすごいところ

四季にあわせて熱と空気を制御する

四季にあわせて熱と空気を制御する

夏:各所の通気口が開いて空気の流れをつくる

冬:各所の通気口が閉じて外気をシャットアウト

だから・・

冬:各所の通気口が閉じて外気をシャットアウト

暑くなったら服を脱ぐように、寒くなったら服を着こむように

季節に合わせて、構造が変化する家。

それが通気断熱WB工法なのです。

シックハウスから家族を守る自然素材(天然)の家:夏モード

夏の暑い日には、通気口が自動的に開き、自然換気されます。

床下地面の冷気とともに第二通気層を上層させてハットヘルスから排出される冷却層をつくり、家全体に涼しさをもたらします。

シックハウスから家族を守る自然素材(天然)の家:冬モード

冬の寒い日には、通気口が自動的に閉じて、保温効果の高い住まいになります。

第二通気層も保温層となり快適な温かさを保ちながら、透湿性の壁や木材ともに呼吸効果を発揮。健康的な環境を維持します。さらに冬場の結露も最小限にとどめることができます。

在来工法の住宅、特にローコスト住宅などでは、化学物質が多く含まれた建材が多用されたことで、新築、増改築を原因とするさまざまな健康被害が明らかになり、一部建材の使用が制限され、24時間換気設置が国から義務付けられています。

通気断熱 WB工法は、季節に合わせて通気口が自動で開閉するので、有害な化学物質を外へ逃がす上に家中の空気を循環させることができます。

だから24時間換気がいりません。

通気断熱 WB工法は、24時間換気を設置する必要がないことを唯一、国土交通大臣が認めた工法です。

家づくり宣言

シックハウス(アトピー、ぜんそく)から家族を守る自然素材の家シックハウス(アトピー、ぜんそく)から家族を守る自然素材の家

なぜアトピーやぜんそくなどシックハウスが起きるのか

新築したり改築した直後に生じる頭痛、目やのどの痛み、吐き気、手足のしびれ、ぜんそく、アトピー性皮膚炎の悪化といった多くの健康被害をシックハウス症候群と呼び、こうした被害に苦しむ方々が多くなっており、私たちのもとにもご相談に来られる方々が増えています。

幸せを作り出す「場」であり「空間」であるはずの家で、なぜこんなことが起きてしまうのでしょう。

シックハウス症候群は、室内の空気が汚染することに由来するさまざまな健康障害であり、その原因は大きく分けて2つあります。

1つは、化学物質を多く含んだ建材やカーテン、絨毯、家具を多く使用することで室内の空気が汚染されれてしまうこと。

2つ目は、住宅の高気密化、高断熱化が進み、室内の空気が換気されないこと。

家全体を合板パネルで囲い、湿気に弱い合板をビニールクロスで包むような気密住宅(2×4やプレハブ合板構造など)においては室内にシックハウス症候群を引き起こす原因の1つであるホルムアルデヒドが蔓延し、人の体に悪影響を及ぼす結果となりました。

その対策として、国は近年、24時間喚起の設置を義務付けました。

が、これはあくまで対処療法。

家自身が空気を入れ替える機能がないことに変わりはありません。

そもそも、冷暖房効率の向上を目的に設計された高気密、高断熱住宅を24時間、換気し続けては何のための高気密、高断熱なのかわかりません。

通気断熱WB工法がシックハウスを防げる理由

自然のイメージ

シックハウス症候群を防止するには以下が有効です。

  • 結露を起こさせない
  • 風通しを良くする
  • 化学物質をできるだけ含まない自然(天然)の素材を使う

そして、これらすべてを満たすのが、<span class="bold">通気断熱WB工法</span>なのです。家全体が自然に呼吸する仕組みが備わった住まい。季節に合わせて、<span class="bold">【夏モード】【冬モード</span>】に切り替わる家です。

WB工法の施工事例はこちら

WB工法の施工事例はこちら

日本の四季を肌で感じるように季節に合わせて通気口を自動開閉」夏 涼しく 冬 暖かい 通気断熱WB工法専門の川地工務店にご相談ください。

WB工法の3つの特徴と6つのポイント

特徴1.快適!

家中いつも気持ちいい!

特徴2.健康!

家族が元気でいられる!

特徴3.省エネ!

家計にやさしくエコ!

ポイント1.進化した在来工法

伝統的な日本建築に、独自の仕組みを組み込んだ家づくり。

それが WB工法です。

木の恩恵を最大限に活用した家づくりです。

ポイント2.自然な通気

壁の中に設けた通気層により、家自身が呼吸するような自然な通気を実現しています。

ポイント3.透過する壁

伝統的な日本の家づくりからヒントを得た技術です。

室内の化学物質やニオイは、壁を通して室外に排出されます。

ポイント4.シックハウスの心配なし

以上のように室内の空気がいつも対流するので、有害物質で空気が汚染されないので、シックハウスの心配がありません。

ポイント5.自由設計

WB工法には設計の制約がほとんどありませんので、ご希望に合わせた家づくりが可能になります。

ポイント6.耐久性

WB工法は、日本の風土、気候に最も適した建築手法を前提にしています。

だから、耐久性もバツグン。

従来の工法とWB工法の比較

従来の工法とWB工法の比較表

通気断熱 WB 工法は、さまざまな住宅の問題点において良好な結果を示しています。

ホルムアルデヒドの透過実験

実は、通気断熱 WB 工法は、

国土交通省シックハウス対策法特別大臣認定第1号認定を取得しており、24時間換気設備装置の義務付けをはじめとする「居室内における化学物質の発散に対する衛生上の措置」の規定を唯一、受けることのない工法として認められています。

ここでは、ホルムアルデヒドを充満させ、部屋内のホルムアルデヒドがどのくらいの速さで減っていくかを WB工法一般的な住宅 の実験棟を使って実験しています。

ホルムアルデヒドの減少が表す通気断熱WB工法住宅と一般住宅の差
ホルムアルデヒドの減少が表す通気断熱WB工法の家と一般の家の差のグラフ

ホルムアルデヒドが湿気と共に、透湿性の壁を通して屋外に抜けていったため、通気断熱WB工法の建物では、約48 時間後には厚生労働省の指針値(0.08ppm)以下に下がっている事が確認できます。

従来の工法による建物の室内では、ホルムアルデヒドが室内にこもり濃度が下がっていく事はありません。

このような状態ではシックハウスの危険性があるため、24 時間換気を常に回しておく必要がります。

WB工法の施工事例はこちら

WB工法の施工事例はこちら

日本の四季を肌で感じるように季節に合わせて通気口を自動開閉」夏 涼しく 冬 暖かい 通気断熱WB工法専門の川地工務店にご相談ください。
  • 注文住宅

なぜ内科医は通気断熱WB工法を選んだのか

季節に合わせて熱と湿気を制御 夏涼しく、冬暖かい家

湿気を通しニオイを追い出す 結露せず悪い空気がこもらない家

1Day リフォーム、週末リフォーム

価格保証リフォーム

工務店が建てる注文住宅のモデルハウス

川地工務店の注文住宅とリフォームに関する約束

社長のfacebook

社長著書のfacebook

専務のfacebook

mintoのfacebook

LINE

▲PAGEUP