壁の中を空気が流れる通気断熱WB工法

私たちが住む滋賀県は、多くが盆地で、夏暑くて冬寒い気候。特に北部は日本海側気候であるため、冬は寒く、積雪量が多いのも特徴。

壁が空気を通す

WB工法の壁は、土塀の原理を応用。

透湿クロスが、湿気、熱気を通して部屋の外へ追い出します。

この時、ニオイや化学物質も一緒に透過するのでお部屋はいつもクリーン。

壁の中を空気が流れる

2重構造の壁の中を通って、湿気も熱気もニオイも屋外に追い出します。

気温反応形状記憶合金によって各通気口が季節に合わせて制御されるので、熱気を追い出し、冷気をシャットアウト。

だから・・

夏:通気性が高いので熱気や湿気がこもらず気持ちいい

冬:気密性、断熱性が高いのにニオイや化学物質がこもらないのでクリーンな室内

夏、通気性を良くするには

大切なのは、壁の中の「通気性」

通気口は全開になります。

通気口から入った空気は、床下のひんやりした空気とまざって壁の中を上昇します。

この自然な空気の流れが焼け込みの熱を緩和し、無駄な湿気を一掃する仕組みです。

これにより、屋根裏の温度は約14℃下がります。

壁の中を空気が流れることで、室内は熱気の影響を受けにくい快適な空間が生まれます。

その結果、室温はおおよそ29℃に保たれ、湿度が低く、結露、カビが生じにくくなります。

大切なのは、壁の中の「通気性」イメージ

冬、断熱性を高めるには

大切なのは、「気密性」と「断熱性」

気温が低下すると各通気口は自動的に閉じて、冷たい空気の侵入を防ぎます。

壁の中の空気を動きにくくすることで、室内暖房の熱が逃げにくくなります。

夏の通気性とは一変、家は気密性が高い状態になります。

大切なのは、「気密性」と「断熱性」イメージ

年中、透過性を良くするには
(結露、化学物質、臭いが気にならない)

大切なのは、湿気を通す「壁」

ホルムアルデヒドをはじめ室内の有害な化学物質や臭いは、湿気とともに、透過性の壁を通過して、屋外に排出されます。

機械による室内の強制換気をしなくても、室内をきれいに保つ ことができます。

余分な湿気も抑えるので結露する心配もありません。

室内は常にクリーンな空気で保たれます。

大切なのは、湿気を通す「壁」イメージ

在来工法の住宅、特にローコスト住宅などでは、化学物質が多く含まれた建材が多用されたことで、新築、増改築を原因とするさまざまな健康被害が明らかになり、一部建材の使用が制限され、24時間換気設置が国から義務付けられています。

通気断熱 WB工法は、壁を二重化することで、壁の中を空気が通り抜け、有害な化学物質を外へ逃がす上に家中の空気を循環させることができます。

だから24時間換気がいりません。

通気断熱 WB工法は、24時間換気を設置する必要がないことを唯一、国土交通大臣が認めた工法です。

WB工法の施工事例はこちら

WB工法の施工事例はこちら

壁が空気を通し、壁の中を空気が流れるから湿気、熱気、ニオイがこもらない。気密性、断熱性が高いのに、通気性がいい。1年中、きれいな空気の室内。だから、結露しない、カビが生えない。シックハウスの心配もない。通気断熱WB工法専門の川地工務店にご相談ください。

滋賀県の家にぴったりの通気断熱WB工法

私たちが住む滋賀県は、多くが盆地で、夏暑くて冬寒い気候。特に北部は日本海側気候であるため、冬は寒く、積雪量が多いのも特徴。ただ、冷暖房の効きを良くするために気密性、断熱性を高めるとむしろ結露やカビ、腐れが生じやすくなります結露、カビがシックハウス症候群の原因を作り、家の寿命を縮めます。

結露・カビイメージ

気温25℃の8畳の部屋の中で1,6リットルの水が蒸発すると湿度100%になります。

4人家族なら一日あたり6~10リットルもの湿気を発生させます。

高気密住宅ではそれらが家中にこもり、結露が頻繁に生じ、カビを発生させ、シックハウス症候群の原因となります。

ひいては見えない箇所で腐れが生じて家の寿命を縮めます。

また、現代の高気密、高断熱住宅は、室内密閉状態になるため、いっけん省エネに役立ちそうですが、ホルムアルデヒドを始めとした化学物質や臭いが部屋中にいつまでも残留し、体に悪影響を及ぼします。

シックハウスの主な症状

もしも、家にも、季節に合わせて服を着替えるような仕組みが備わっていたら… それを実現するのが、通気断熱WB工法なのです。

滋賀県で住み心地が良く、省エネの家にするための3つのポイント

従来の工法とWB工法の比較

従来の工法とWB工法の比較表

通気断熱 WB 工法は、さまざまな住宅の問題点において良好な結果を示しています。

ホルムアルデヒドの透過実験

実は、通気断熱 WB 工法は、

国土交通省シックハウス対策法特別大臣認定第1号認定を取得しており、24時間換気設備装置の義務付けをはじめとする「居室内における化学物質の発散に対する衛生上の措置」の規定を唯一、受けることのない工法として認められています。

ここでは、ホルムアルデヒドを充満させ、部屋内のホルムアルデヒドがどのくらいの速さで減っていくかを WB工法一般的な住宅 の実験棟を使って実験しています。

ホルムアルデヒドの減少が表す通気断熱WB工法住宅と一般住宅の差
ホルムアルデヒドの減少が表す通気断熱WB工法の家と一般の家の差のグラフ

ホルムアルデヒドが湿気と共に、透湿性の壁を通して屋外に抜けていったため、通気断熱WB工法の建物では、約48 時間後には厚生労働省の指針値(0.08ppm)以下に下がっている事が確認できます。

従来の工法による建物の室内では、ホルムアルデヒドが室内にこもり濃度が下がっていく事はありません。

このような状態ではシックハウスの危険性があるため、24 時間換気を常に回しておく必要がります。

WB工法の施工事例はこちら

WB工法の施工事例はこちら

壁が空気を通し、壁の中を空気が流れるから湿気、熱気、ニオイがこもらない。気密性、断熱性が高いのに、通気性がいい。1年中、きれいな空気の室内。だから、結露しない、カビが生えない。シックハウスの心配もない。通気断熱WB工法専門の川地工務店にご相談ください。
  • 注文住宅

なぜ内科医は通気断熱WB工法を選んだのか

季節に合わせて熱と湿気を制御 夏涼しく、冬暖かい家

湿気を通しニオイを追い出す 結露せず悪い空気がこもらない家

1Day リフォーム、週末リフォーム

価格保証リフォーム

工務店が建てる注文住宅のモデルハウス

川地工務店の注文住宅とリフォームに関する約束

社長のfacebook

社長著書のfacebook

専務のfacebook

mintoのfacebook

LINE

信和義塾大學校彦根校

▲PAGEUP